今、朗読が人気を博しています。

文章を声に出して読むこと、さらには、そこに描かれた思想や感情、世界観をくみ取り、趣のあるように読み上げることを「朗読」といいます。

各地のカルチャースクールをのぞけば、たくさんの朗読教室があり、仲間たちと一緒に朗読を学ぶことができるでしょう。

また今日、朗読会と称して、本格的な舞台や町の喫茶店など様々な会場で、娯楽の一つとして朗読に親しむ場が提供されています。

 

朗読を披露する男性

 

文学作品を声に出して読み味わうという、一見すると簡単な、それでいて実は奥の深い朗読は、取り組めば取り組むほど夢中になれる魅力的な活動です。

 

わたしたちの身の周りには、すばらしい文章がたくさんあります。

絵本や童話、児童文学から、エッセイ、本格的な文学作品まで、身近にある文字を音にして読んでみましょう。

別に難しい本を手に取る必要はありません。

雑誌や新聞の記事でも良いのです。

声に出してみることで、目で文字を追っていたときとは異なる新たな魅力に気づくはずです。

 

声に出す楽しさを味わったら、次はその楽しさを他の人とシェアしてみましょう。

家族や仲間と読み合えば、また新たな朗読の魅力を感じることができます。

 

娘に読み聞かせをする母親

 

朗読教室の仲間たちはもちろんのこと、さらには、学校や図書館、コミュニティセンターなどでの子どもたちへの読み聞かせや、介護施設での朗読ボランティアまで、朗読の楽しさはひとりから大人数へと広げていくことができるのです。

 

あなたも朗読に挑戦してみませんか?

新しいカタチで、本の世界を楽しんでみませんか?

 

このサイトでは「朗読」にスポットを当てて、楽しみ方や魅力を様々な角度からご紹介してまいります!